埼玉大学
脳末梢科学研究センター
Brain and Body System Science Institute (BBSSI), Saitama University

ー学内外の知を終結した、戦略的研究拠点ー

業績

総説 2012年

    (中井)
  • 1) 大倉正道,貞苅純子,中井淳一: タンパク質でできた高性能な蛍光カルシウムセンサー. ケミカルエンジニヤリング, 57, 926-931, 2012.
  • 2) 安藤恵子, 大倉正道, 中井淳一:線虫の3DタイムラプスCa2+イメージング. 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域 神経系の動作原理を明らかにするためのシステム分子行動学 領域ニュース, 3, 17-18, 2012.
  • (大倉)
  • 1) 大倉正道,貞苅純子,中井淳一: タンパク質でできた高性能な蛍光カルシウムセンサー. ケミカルエンジニヤリング, 57, 926-931, 2012.
  • 2) 安藤恵子, 大倉正道, 中井淳一:線虫の3DタイムラプスCa2+イメージング. 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域 神経系の動作原理を明らかにするためのシステム分子行動学 領域ニュース, 3, 17-18, 2012.
  • (安藤)
  • 1) 安藤恵子, 大倉正道, 中井淳一:線虫の3DタイムラプスCa2+イメージング. 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域 神経系の動作原理を明らかにするためのシステム分子行動学 領域ニュース, 3, 17-18, 2012.
  • (山川)
  • 1) Yamakawa K: Towards the understanding of Down syndrome using mouse models. Congenital Anomalies, 52, 67-61, 2012.
  • (林)
  • 1) Sakaguchi M, Hayashi Y: Catching the engram: strategies to examine the memory trace. Mol Brain, 5, 32, 2012. doi: 10.1186/1756-6606-5-32. Review.
  • 2) Saneyoshi T, Hayashi Y: The Ca2+ and Rho GTPase signaling pathways underlying activity-dependent actin remodeling at dendritic spines. Cytoskeleton (Hoboken), 69(8), 545-554, 2012. doi: 10.1002/cm.21037. Review.
  • 3) Hayashi Y, Okamoto K, Bosch M, Futai K: Roles of neuronal activity-induced gene products in Hebbian and homeostatic synaptic plasticity, tagging, and capture. Adv Exp Med Biol, 970, 335-354, 2012. doi: 10.1007/978-3-7091-0932-8_15. Review.
  • 4) Bosch M, Hayashi Y: Structural plasticity of dendritic spines. Curr Opin Neurobiol, 22(3), 383-388, 2012. doi: 10.1016/j.conb.2011.09.002. Review.
  • (下郡)
  • 1) Nakagawa Y, Shimogori T: Diversity of thalamic progenitor cells and postmitotic neurons. Eur J Neurosci, 35, 1554-62, 2012. (review)
  • (山中)
  • 1) 山下博史,山中宏二: ALS病態におけるグリアの役割. 脳21, 15(1), 28-33, 2012.