埼玉大学
脳末梢科学研究センター
Brain and Body System Science Institute (BBSSI), Saitama University

ー学内外の知を終結した、戦略的研究拠点ー

業績

総説 2013年

    (中井)
  • 1) 大倉正道,中井淳一: 蛍光カルシウムプローブ蛋白質を用いた神経細胞とアストロサイトのCa2+イメージング. 日本薬理学雑誌, 142, 226-230, 2013.
  • 2) 大倉正道,中井淳一: 遺伝子コード型赤色蛍光Ca2+プローブR-CaMP1.07. 日本薬理学雑誌, 141, 175-175, 2013.
  • (大倉)
  • 1) 大倉正道,中井淳一: 蛍光カルシウムプローブ蛋白質を用いた神経細胞とアストロサイトのCa2+イメージング. 日本薬理学雑誌, 142, 226-230, 2013.
  • 2) 大倉正道,中井淳一: 遺伝子コード型赤色蛍光Ca2+プローブR-CaMP1.07. 日本薬理学雑誌, 141, 175-175, 2013.
  • (山川)
  • 1) 山川和弘: 自閉症を伴うてんかんの原因遺伝子:SCN1AとSCN2A. 分子精神医学, 13(2), 52-55, 2013.
  • (林)
  • 1) Ueda Y, Kwok S, Hayashi Y: Application of FRET probes in the analysis of neuronal plasticity. Front Neural Circuits, 7, 163, 2013. doi: 10.3389/fncir.2013.00163. eCollection 2013. Review.
  • (坂井)
  • 1) 坂田一郎, 坂井貴文: 摂食と消化管運動研究におけるモデル動物 −モチリンおよびグレリンを産生する小型哺乳類スンクス−. G. I. Research, 21(1), 25-30, 2013. 先端医学社.
  • 2) 上野真吾, 坂田一郎, 坂井貴文: グレリン受容体(GHS-R)とアンタゴニスト. 生体の科学, 64 (5), 408-409, 2013. 医学書院.
  • (合田)
  • 1) Vitureira N, Goda Y: The interplay between Hebbian and homeostatic synaptic plasticity. J Cell Biol, 203, 175-186, 2013.
  • 2) Chater TE, Goda Y: CA3 Mossy Fiber Connections: Giant Synapses that Gain Control. Neuron, 77, 4-6, 2013.