埼玉大学
脳末梢科学研究センター
Brain and Body System Science Institute (BBSSI), Saitama University

ー学内外の知を終結した、戦略的研究拠点ー

組織・構成

個人プロフィール

氏名 下郡 智美
所属部門 脳末梢機能連関研究部門
役職 連携教員 理工学研究科連携教員(理研BSI)

略歴

1993 星薬科大学 薬学部薬学科卒業
1998 千葉大学大学院薬学研究科博士課程修了(薬学博士)
1998 - 2004 シカゴ大学薬学部、ポストドクトラルフェロー
2004 - 2010 理研BSIユニットリーダー
2010 - 現在 理研BSIチームリーダー

研究テーマ

(1) 環境と脳発達のメカニズム

養育環境、環境物質などの環境要因を変化させ、動物の行動にどのような影響を与えるのかを明らかにする。さらに、このような行動変化を引き起こすメカニズムを明らかにし、環境がコントロールする脳回路発達の解明を行う。

(2) 生後の脳発達の分子メカニズム

外部入力は視床を介して大脳皮質の到達する事から、視床—大脳皮質回路をモデルとして用い、視床軸索からの入力がどのように大脳皮質の発達に影響を与えるのかその分子メカニズムを明らかにする。

(3) 外部環境が引き起こす脳の進化

高次脳機能がどのようにして外部環境に合わせて進化したのか、マウス、フェレット、マーモセットとの形態、分子、回路の比較により高次脳機能を獲得したメカニズムに迫る。

 

研究内容の図解

生後の発達環境から受ける様々な刺激にや経験によって、神経活性の上昇または抑制され、神経回路はさらに精密な回路を形成し脳は発達する。その分子メカニズムと動物種による違いを明らかにし、環境に合わせて脳がどのように進化したのかそのメカニズムに迫る。

研究のキーワード

視床;大脳皮質;発達;環境;進化

これまでの主要な業績

  1. Bellone C, Murthy S, Di Nardo AA, Govindan S, Ogawa M, Shimogori T, Lüscher C, Dayer A, Jabaudon D: Retinal input directs the recruitment of inhibitory interneurons into thalamic visual circuits. Neuron. 81:1057-69, 2014.
  2. Matsui A, Tran M, Yoshida AC, Kikuchi SS, U M, Ogawa M, Shimogori T: BTBD3 controls dendrite orientation toward active axons in mammalian neocortex. Science. 342:1114-8, 2013.
  3. Kumagai A, Ando R, Miyatake H, Greimel P, Kobayashi T, Hirabayashi Y, Shimogori T, Miyawaki A: A bilirubin-inducible fluorescent protein from eel muscle. Cell. 153:1602-11, 2013.
  4. Huilgol D, Udin S, Shimogori T, Saha B, Roy A, Aizawa S, Hevner RF, Meyer G, Ohshima T, Pleasure SJ, Zhao Y, Tole S: Dual origins of the mammalian accessory olfactory bulb revealed by an evolutionarily conserved migratory stream.  Nature Neurosci. 16: 157-165, 2013.
  5. Mashiko H, Yoshida AC, Kikuchi SS, Niimi K, Takahashi E, Aruga J, Okano H, Shimogori T: Comparative anatomy of marmoset and mouse cortex from genomic expression. J Neurosci. 32:5039-53, 2012.
  6. Hama H, Kurokawa H, Kawano H, Ando R, Shimogori T, Noda H, Fukami K, Sakaue-Sawano A, Miyawaki A: Scale: a chemical approach for fluorescence imaging and reconstruction of transparent mouse brain. Nature Neurosci. 14:1481-8, 2011.
  7. Matsui A, Yoshida AC, Kubota M, Ogawa M and Shimogori T: Mouse in utero electroporation: Controlled spatio-temporal gene transefection. J Vis Exp. 54 pii: 3024, 2011.
  8. Yuge K, Kataoka A, Yoshida AC, Itoh D, Aggarwal M, Mori S, Blackshaw S, Shimogori T: Region-specific expression in early postnatal mouse thalamus. J Comp Neurol. 519; 544-61, 2011.
  9. Suzuki-Hirano A, Ogawa M, Kataoka A, Yoshida AC, Itoh D, Ueno M, Blackshaw S, Shimogori T. (2011) Dynamic spatiotemporal gene expression in embryonic mouse thalamus. J Comp Neurol. 519; 528-43, 2011.
  10. Shimogori T *, Lee DA, Miranda-Angulo A, Yang Y, Jiang L, Yoshida AC, Kataoka A, Mashiko H, Avetisyan M, Qi L, Qian J, and Blackshaw S*.  (2010) A genomic atlas of mouse hypothalamic development. *corresponding authors.  Nature Neurosci. 13:767-75, 2010.